突撃!風俗鑑定団が行く!

突撃 風俗鑑定団が行く!

今回風俗鑑定団がやって来たのは東京・池袋です。すべての風俗ジャンルが揃っている東京フーゾクの百貨店ともいわれる場所ですが、とあるジャンルの中では「聖地」と呼ばれています。そうです。SMクラブであります。










PC:http://www.muga.ne.jp/
携帯:http://www.muga.ne.jp/i/
スマホ:http://www.muga.ne.jp/sp/

池袋 SM
無我
TEL:03-3980-3774

お店のページへBinBinwebへ

池袋にある「無我」は、創業27年の歴史を誇る老舗SMクラブ。入門コースからハードコースまでコースメニューが大変充実していおり、初心者からSM愛好者まで幅広く支持されているお店ですね。女の子の在籍数も都内最大級。とくに素人M女が多いことで知られるお店であります。今回登場していただくのは、高身長モデル体型のM女りょうさんです!

 

りょう(20歳)T170B82(B)W57H83

↑クリックで大きく表示できます!

見た目はあどけない顔をした普通の女の子なのだが…。

鑑定員「筋金入りのM女のりょうさんに率直な質問なのですが」

 

りょう「なんでしょう?」

 

鑑定員「どんな男性に性欲を感じますか?」

 

りょう「ぱっと見がやさしそうで体格の良いぽっちゃりした体格の男性ですね」

 

鑑定員「まいう~、みたいな?」

りょう「あそこまではいかないかな。芸能人ではぽっちゃりではないですけど火野正平さんが好きです。年上のやさしそうな感じの人と普段冷めている私がベッドに入ると立場が入れ替わるというパターンが好きです」

鑑定員「対等ではつまらないのですね」

 

りょう「ベッドでは上下関係を求めます。やさしい人がコロッと変わってSになり私がMになるんです。過去に付き合っていた人との関係がだいたいそういう感じだったので」

 

鑑定員「普段はやさしいのにこの人はベッドではSに変わる、というのを見抜けるということですか?」

 

りょう「いいえ、全然見抜けません」

 

鑑定員「ということは、貴女のM性が男性に見抜かれているということですね?」

りょう「意識はしたことはないのですが、そういうことになるのでしょうね」

鑑定員「貴女のM性はどんな種類のものなのですか?」

 

りょう「踏まれたい、首をしめられたい、ビンタされたいとかですかね」

 

鑑定員「痛いのが好きなのですね?」

 

りょう「はい。さらにそういうことをされているシーンを客観視している自分がいて、『ああ私は今こんなコトをされているんだ』と想像を膨らませることで興奮するんです」


「オナニーは2時間ぐらいかけてします」

鑑定員「初体験はいつだったのですか?」

 

りょう「19歳で、相手は初めてのカレシです。それまではセックスに興味がありませんでした」

 

鑑定員「初体験の相手がSだったのかな?」

 

りょう「おとなしい人でした。ただ、性格が面倒くさいタイプで、一度背中をボコボコに蹴られたことがあるんです。それがトラウマになって、おそらく今の性癖につながっているのだと思います」

 

鑑定員「セックスに興味がなかったということですがオナニーはどうだったのですか?」

 

りょう「オナニーは好きでした。小5くらいからしていました」

 

鑑定員「オナニーを始めたきっかけはなんだったのですか?」

りょう「なんか、私が住んでいるマンションに変質者が現れて(笑)」

 

鑑定員「どんなタイプの変質者だったのですか?」

 

りょう「マンションの階段ですれ違って声を掛けられたんですよ。『スクール水着を作っていて、サイズが知りたいから』って。それでカラダを触られたんです」

 

鑑定員「ぶっちぎりの変質者ですね。もっとましな誘い文句を考えればいいのに」

 

りょう「触らせる私も私ですよね(笑)」

 

鑑定員「どこを触られたの?」

 

りょう「胸と下半身です。下半身を触られた時点でおかしいって気付いて逃げましたけど」

 

鑑定員「それがオナニーにつながったのですか?」

 

りょう「そうですね。なんか下半身が変な感じになったんでしょうね」

 

「一番の性感帯はお尻。アナルファックが大好物です」

鑑定員「オナニーはその後どのように進化していったのですか?」

 

りょう「中学の頃には自分で首をしめながらオナニーをしていました」

 

鑑定員「自分で首をしめて気持ちいいものですか?」

りょう「わりと(笑)。イク瞬間にしめるんです」

 

鑑定員「どのように気持ちよくなるんですか?」

 

りょう「ついていないけど、チ○コがビンビンになったような気がするんです」

 

鑑定員「なにを言っているのですか」

 

りょう「私、普通にオナニーをしていると時間がかかるんです。イク寸前になってから実際にイクまで30分から1時間かかるんです」

 

鑑定員「そんなにかかる!?」

 

りょう「はい」

 

鑑定員「オナニーをスタートしてイク寸前になるまではどのくらいかかるの?」

 

りょう「わりとすぐ。5分~10分ぐらい」

鑑定員「普通の人間ならすでにオナニーを終えて寝ています。30分~1時間の間ずっと指で擦っているの?」

 

りょう「今は電マです(笑)」

 

鑑定員「電マでそんなにかかるの?」

りょう「うん」

 

鑑定員「電マでそれだけ時間がかかったら指ではイケないじゃないですか?昔は指だったのでしょう」

 

りょう「そうですね。右手と左手を何度か交代させながら擦っていました(笑)」

 

鑑定員「頂点にたどりつくとオーガニズムはどのくらい続くのですか?」

 

りょう「30分ぐらいですかね」

 

鑑定員「オナニー1セットで2時間ぐらいかかるということになりますよね?」

 

りょう「かかる時はそのくらいかかります」

 

鑑定員「2時間の間にいろいろなことが起こりうるじゃないですか。電話がかかってくるとか」

 

りょう「そんな時に電話なんて出ないですよ(笑)」

 

鑑定員「充電式の電マはとても使えないですね」

 

りょう「使えませんね(笑)」

鑑定員「痛いのが気持ちいいということですが、わかりやすくいうとどんな気持ちよさなのですか?」

 

りょう「痛いのをガマンした後に全身がゾクゾクするような気持ち良さの波がやってくるんです」

 

鑑定員「頭の中はどうなっているの?正常なのですか?ふっとんでいるのですか?」

 

りょう「わりとふっとんでいますね。『目つきが変わるね』とよく言われます」

 

鑑定員「どういう目つきになるの?」

 

りょう「自分ではわかりませんが、よく言われるのは『泣いている顔が一番可愛い』って」

 

ウエストラインから臀部にかけてのラインは芸術品。

鑑定員「SMクラブではどんな行為が好きなのですか?」

 

りょう「お尻です。最初は死ぬほど痛かったのですけど、慣れてきたら気持ちよくなってきてハマってしまいました」

 

鑑定員「アナルのどの辺りが気持ちいいのですか?」

 

りょう「入口でも奥でもなく、直腸の真ん中ぐらいですね。バックでされるのが一番好きです」

 

鑑定員「お尻を叩かれるのは好き?」

 

りょう「好きです。鞭より素手のほうが好きです。叩かれながらイキまくっているうちにねじが外れちゃいます」

 

鑑定員「ねじが外れると、どうなるの?」

 

りょう「う~ん…頭の中がふわふわして、気がついたらおねだりしちゃっています(笑)」

 

「イキまくりながら『もっとください』っておねだりしちゃう」

りょうさんは、とってもあどけない表情をした見た目は普通っぽい20歳の女の子なのですが、小さい頃からすくすくとM性を育んできた筋金入りのドMちゃんでした。オナニーとアナルファックが大好物という彼女にピンと来たS男性は是非会いにいってみてはいかがでしょうか。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね~!

つづく

池袋 SM
無我

りょう(20歳)
T170B82(B)W57H83

TEL :03-3980-3774
PC:http://www.muga.ne.jp/
携帯:http://www.muga.ne.jp/i/
スマホ:http://www.muga.ne.jp/sp/

次回の風俗鑑定団は…

1月20日更新予定です!!

お楽しみに!!!

お店のページへBinBinwebへ

  1. りょう(20歳)
  2. T170B82(B)W57H83
  3. 無我
  4. http://www.muga.ne.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です