池袋/ソープ 営業時間/ 6:30 ~ 翌0:00 定休日/年中無休

Violence(バイオレンス) ただいま
営業中!!

お電話の際「ビンビン見た!」でスムーズ対応!

03-3981-0731

本日出勤12:00~翌00:00

さあや T159 B83(D) W58 H84

こんにちは。小石川植物園

2019/08/14 15:14

出勤しています。 ご予定に空きがありましたら、私と遊んで下さいますとすごく嬉しいです。 お兄様とお会い出来るのを楽しみにお待ちしています(*^▽^*) 先日日記に書いた、小石川植物園の続きです。 写真は、グレゴール・ヨハン・メンデル氏が"メンデルの法則"を発見した「メンデルの葡萄」です。 メンデルの法則の葡萄の木が日本にもあったとは驚きでした(´ω`) チェコスロバキアのブルノで、修道士をしていたメンデル氏は、植物雑種の研究に着手して、遺伝の根本的な法則(メンデルの法則)を発見して、この原理に基づきブドウの品種改良をするために、修道院の庭にブドウの木を植えたのだそうです。 これらのブドウの木は、メンデルがイタリア旅行でフローレンス(フィレンツェ)から持ち帰ったものや、オーストリアのシュタイヤ(Steyr)からのもの、あるいはモラビア地方在来のブドウなどが栽培されていたらしいです。 1913年(大正2年)の秋、ウィーンで開催された医学生理学会議に出席していた東京帝国大学・三好学教授は、同年10月1日、チェコスロバキア、ブルノ出身の植物学者ハンス・モーリッシュ氏(HansMolisch)と、メンデルの研究家フーゴ・イルチス氏(Hugo Iltis)の勧めでブルノにある、かつてメンデル氏が所属していた修道院を訪問することになったそうです。三好教授は、1908年、ブルノでメンデル氏の石造を建設するための国際基金募集に、日本植物学会で集められた65人からの醵金105円50銭を送っていたようです。 修道院を訪問した三好教授は、そこでメンデル氏が使用していた顕微鏡、肖像画、植物の実験園、植えられたブドウの木、修道院裏手の丘にあるミツバチ小屋などを見学したそうです。さらに、25点にも及ぶ記念品を贈られ、その中に修道院のブドウの枝があったのだとか。 翌年4月、記念品として贈られたブドウの枝が、シベリア鉄道経由で東京の三好教授のもとに送り届けられました。 三好教授は、小石川植物園の内山富次郎・園丁長に依頼して、挿し木にしてもらい、根付き生育しました。小石川植物園で現存するメンデルの葡萄は、こうして生育した1株から、さらにもう一度枝を取って挿し木した1株の合わせて2株が育っています。それが上の写真のメンデルの葡萄です。 ちなみに、第2次世界大戦後の1949年に、この修道院は解散し、現在はメンデル記念館になっているそうです(*´∀`*)
  • 高収入アルバイト・風俗求人情報 Bwork ビーワーク
  • 高収入!男性向け求人情報サイト「ゲッツ!!」
  • 風俗写メログ 風俗は写メで探す!
  • エデン 巣鴨店
  • ピュアセレクション
  • 錦糸町悶絶ビーチクびんびん物語
  • 小岩ときめき女学園
  • 人妻の秘密 錦糸町店