上野 風俗店一覧

こちらは、上野 風俗店の一覧です。

SEARCH

NEWS新着情報

24時間365日更新!ビンビンウェブ最新情報をチェック!

■2019/06/20

上野の風俗店一覧

こちらは上野にある風俗店一覧です。

26件中1件~26件を表示

上野のビンビンガールズ・風俗鑑定団

  • 風俗鑑定団 #058

    風俗鑑定団#058 Lady's Collection(レディースコレクション) 大島みみ
    「Lady's Collection(レディースコレクション)」

    大島みみ
    T160 B136(K) H147

    記事を見る
  • 風俗鑑定団 #049

    風俗鑑定団#049 ノーハンドで楽しませる人妻 上野店 りな
    「ノーハンドで楽しませる人妻 上野店」

    りな
    T154 B86(D) W58 H87

    記事を見る
  • 風俗鑑定団 #048

    風俗鑑定団#048 上野ボディクリニック そら
    「上野ボディクリニック」

    そら
    T145 B85(E) W56 H82

    記事を見る

上野のビンビン写メ動画

  • あらいつのまにこんな恥ずかしい事になっていたのかしら!

    06/20 05:30

    蘭の会上野御徒町店

    みれい

    あらいつのまにこんな恥ずかしい事になっていたのかしら!

  • 湯島 Sさん *

    06/20 01:22

    上野回春性感マッサージ倶楽部

    まあさ

    湯島 Sさん *

  • [お題]from:九州なめ好きさん

    06/20 00:37

    上野回春性感マッサージ倶楽部

    しの

    [お題]from:九州なめ好きさん

  • お知らせ

    06/20 00:29

    蘭の会上野御徒町店

    みつき

    お知らせ

  • 木曜日の寝不足事情

    06/19 23:29

    上野回春性感マッサージ倶楽部

    りさ

    木曜日の寝不足事情

上野の女の子・店舗情報

上野の風俗的特徴と地域の特色

上野イメージ

ご存知、東京都内有数の観光地、上野。
文化施設や日本を代表する大学が立ち並び、動物園や不忍池などの行楽施設や活気のあるアメ横などもあり、バラエティー豊かな飽きない場所です。
上野は昔から「北の玄関口」として東日本の人々から親しまれ、年配の方は上野駅で見かけた集団就職の少年たちを題材にした曲、「あぁ上野駅」を懐かしく思われる方も多いことでしょう。
また上野駅は東北地方、北関東地方、上信越地方の玄関口として、日本を代表するターミナル駅でもあります。

その為、昔は東北の方が多くいましたが、今では外国の方も沢山いて、多国籍な街となっています。
古くは戦国時代には北条氏の領だったことが確認されており、上野山は忍岡(しのぶのおか)と呼ばれておりました。
現在では全く想像がつきませんが、元々江戸においては人口の少ない地域でありました。
江戸幕府が開かれた頃、忍岡には、伊賀国上野を本拠地とする外様大名・藤堂高虎の屋敷が置かれました。
その後、徳川将軍の菩提寺である寛永寺が建てられ、門前町が開けられました。この頃から、寛永寺付近の一帯を「上野」と呼ぶようになります。これは、藤堂家の所領である上野に地形が似ていたためと言われています。
寛永寺には歴代将軍の墓も建てられ、江戸幕府から保護されたので繁栄し、それに伴って門前町の上野も発展しました。この寛永寺も観光スポットとして有名です。
上野駅公園口を出ると、上野恩賜公園になります。
広大な敷地の中には、動物園や美術館、博物館などもありますが、不忍池まで続く、マイナスイオン溢れる木々は、普段自然とは無縁の都心で暮らす人々の憩いの場として人気の場所です。春になれば公園内の桜が満開に咲き、桜の巨大トンネルを作り、圧巻の景色を作ります。
お花見の名所としても毎年シーズンには、沢山の観光客で賑わいます。
不忍池の南側(今の上野2丁目、不忍通りと仲町通りの間)辺りは池之端と呼ばれていました(現在では、不忍池の西方が池之端の地名になっています)。池之端には、出会い茶屋が多数ありました。出会い茶屋とは、男性と女性が逢引する場所、今で言うラブホテルです。
出会い茶屋とは別に、不忍池周辺には日陰茶屋も存在したそうです。日陰茶屋とは、男色を売る茶屋のことです。男色を好む男性は当時、珍しいことではなく、織田信長とその小性であった森欄丸などの関係は有名ですね。また仏教の戒律には、僧侶が女と性交する事を禁止する「女犯」というものがあった為、女色を避けるために男色が寺社で行われるようになり、それが寺社の外にも広がったようです。
今も昔も上野の裏の顔は、同じように機能しているようです。
男色の部分を少し掘り下げると、現在でも上野はゲイタウンとして知られています。外国人の在住者が多いことが影響しているのかもしれません。
都内ではかの有名な新宿2丁目に次ぐゲイタウンであります。ハッテン場(発展場)は10件ほど、ゲイバーは100件弱ほど存在しています。
発展場とは、男性同性愛者が特定または不特定多数の性行為の相手を求めて集まる場のことを言います。
上野には様々な発展場があるらしく、信じられないかもしれませんが、上野駅の十三番線のホームの近くにある御手洗所も、発展場として人が集まるようです。
実際のところ、御手洗所内に迷惑行為禁止の張り紙が貼られています。
便意を催しても、誤ってこちらの御手洗所に入ってしまった時は、そちらの趣味が無い方は、直ちに退散したほうが良いかと思います。
ネットで検索してもヒットするくらい、ある意味有名な風俗スポットです。
現代の上野では、「仲町通り」が風俗街として有名であり、様々な国の方々が働く歓楽街・風俗街となっています。
もちろん、日本人の方も在籍していますが、フィリピン系、中国系、韓国系、その他アジア系など、日本にいることも忘れてしまいそうなくらい、多国籍なお店が並んでいます。
キャバクラ、フィリピンパブ、ヘルス、ピンサロ、ソープなど、ギラギラとした店が並び、男の夢が立ち並ぶ場所なのです。
昔からある老舗のファッションヘルスやソープランドなどもあります。
最近では、新しいホテルヘルスのお店も出店しています。どのお店も賑わっているようです。
上野仲町通りは飲食店も沢山あります。道を歩いていると、沢山のお店のお兄さん達に声をかけられます。
また、キャバクラなども多く存在しており、どのお店を選んだらいいのか…と悩んでしまうかと思います。
そんな時は呼び込みをしているお兄さん達に、オススメのお店を聞いてみることをお勧めします。
好みや予算を言えば、それにあったお店を紹介してくれるかと思います。
お兄さん達は風俗にも詳しいので、オススメを聞いてみてはいかがでしょうか。
上野の歴史の話に戻ると、昔は仲町周辺は花街であったようです。
昭和初期には芸妓置屋180軒、芸妓420人と賑いをみせていました。
もちろん当時は純粋な日本人が揃っていましたが、先ほども言ったように、ここ最近の上野の歓楽・風俗街もかなり国際化しています。
上野周辺の風俗店は、まだまだ違法な店、特に外国人系のエステ風俗店も多いようです。通っている方は気をつけて頂きたいものです。
しかしながら、取り締まりも厳しくなり、近年はそういった店舗も減ってきているようです。
遊びに行くときは、新風営法に準ずる店舗しか掲載していない「ビンビンウェブ」を参考に遊びに行って下さいね!
「ビンビンウェブ」限定の割引情報もあります!合言葉は「ビンビン見た」です!

  • 高収入アルバイト・風俗求人情報 Bwork ビーワーク
  • 高収入!男性向け求人情報サイト「ゲッツ!!」
  • 風俗写メログ 風俗は写メで探す!